Archive for the ‘ 厄除け ’ Category

厄年の贈り物

2012年 2月 22日 水曜日

厄年の贈り物

昔から、厄除けグッズの贈り物は、他の人から頂くほうが良いとされています。

男女とも厄年には厄除けの贈り物を頂きそれをお守りとして身に付けると良いようです。

厄除けグッズの贈り物は、厄年のその人を想う心です。

親が子供を想うとき、大切な人を想う気持ちが厄除けの贈り物です。

昔から伝わる日本の厄除けグッズには、

男性には根付け、水晶ブレスレット・ネクタイ・ベルト・財布等や、

女性には帯・伊達締め・腰ひも・ストール・ネックレス

などのアクセサリー類も良いと思います。

あなたの厄を払う厄除けグッズを持つことで、

災いなく順調に人生を送ることが出来るかもしれません。

どこにでも付けられ、どこからも守ってくれる厄除けグッズが最適ですよね。

厄除けグッズの贈り物

厄除けとは

2012年 2月 21日 火曜日

厄除けとは

厄除けとは、厄を祓うことで厄除け・厄払い(厄祓い)・厄落とし など呼ばれています。

人が生活する上で、厄や罪や穢れなどのマイナス要因が知らずにつみかさなるのを

厄年などに厄除け・厄払いをして祓い清め厄年を無事に過ごせるようにすることです。

厄除けの方法として神社やお寺で厄除け祈願したり

厄除けグッズを贈り物として頂きお守りとして身に付けたり

厄年祝いの酒盛りや大振舞して散財したり

神事の奉仕や祭りの神輿をかついだりすると良いともいわれます。

厄除けの時期も正月から節分までにする場合が多いのですが

厄年の方の誕生日や厄年だと気づいた時期に厄除けをされても良いでしょう。

また、厄除けは迷信だといわれる方もいますが、

統計的にも医学的にも厄年の時期には体調の変化も起きやすい年です。

厄災の無いように無事に過ごしたいものですね。

厄除けブレスレット特集

七色厄除け

厄除け四神獣

厄除け干支梵字

厄除け守り本尊・守護神

グリーンがキラキラ輝くアベンチュリン。
沈着・勇敢・聡明をあらわし「健康運」をよくし、「明るく輝き、幸せをもたらす」と言われているパワーストーンです。

四神相応の東方の青竜・西方の白虎・南方の朱雀・北方の玄武といっしょに作りますた。

厄除けやお守りに良いブレスレットですね。

アベンチュリンのお守り四神相応ブレスレット

男の厄年にオススメの七色厄除けブレスレット

厄年の男性のために、男性のパワーストーンを集めました。

水晶・ラピスラズリ・マラカイト・オニキス
タイガーアイ・赤メノウ・ルチルクォーツ・アメジスト
たちです。

厄年の男性にプレゼントや贈り物として最適です。

七つの石を一度に持つと 七つの災いから身を守り 七つの幸運を招く といわれている。 

七色厄除けブレスレット

厄年の女性のために、恋愛運・結婚運の石で作りました。

厄年の女性にオススメのブレスレットです。

女性の大厄は 十九歳・三十三歳・三十七歳・六十一歳です。

お祓い浄化済みの七色厄除けお守りグッズ

七色厄除け貴石ブレスレット

昔より厄年の時には、7色のものを身につけると厄除け・厄払いになるといわれています。

厄年に他の人から7色のものををプレゼントしてもらい、肌身はなさず持ちお守りとして厄を払う風習が昔からあります。

卯年生まれの干支守護梵字は「マン」は文殊菩薩です。

 卯年生まれ(うさぎ年生まれ) のお守りです。
 平成11・23年
 昭和2・14・26・38・50・62年
 大正4年

干支 卯年生まれの守護梵字「マン」水晶玉チェーンネックレス

干支 子年生まれの守護梵字「キリーク」水晶玉チェーンネックレス

子年生まれ(ねずみ年生まれ): 平成8・20年/ 昭和11・23・35・47・59年/大正1・13年

子年生まれの方に水晶玉に干支守護梵字「キリーク」を彫りネックレスにした水晶のお守り。

厄年の厄除けお守りに最適な水晶玉ネックレス
生まれ年の干支守護梵字が彫刻された水晶玉チェーンネックレス
厄除けお守りとしてあなたの胸元において下さい。

干支守護梵字水晶玉ネックレス

厄除け

厄年(やくどし)とは、人生で厄災が身にふりかかってきやすい年齢のことです。
中国から伝来した陰陽道の教えにもとずいて平安時代に広がりました。
厄年の年齢は数え年で(満年齢に1を加えた年齢が数え年)
1歳・4歳・7歳・10歳(男)・13歳・16歳・19歳(女の大厄)・22歳・25歳(男の大厄)・28歳・33歳(女の大厄)・37歳(女の厄)・40歳・42歳(男の大厄)・46歳・49歳・52歳・55歳・58歳・61歳(男女の大厄)・67歳・69歳・77歳・85歳
厄年には神社やお寺で厄除け厄払いの祈願をしたり、厄除けお守りを贈り物として頂き身に付けたり、厄年祝いの酒盛りや大振舞して散財したり、神事の奉仕や祭りの神輿をかついだりすると良いともいわれます。