厄年とは

厄年・厄除け

【厄年のいわれや心得】
厄年(やくどし)とは、人生で厄災が身にふりかかってきやすい年齢のことです。
人が生きていく中で、厄や罪・穢れなどのマイナス要因がつみかさなるのを厄年に厄除け・厄払いをして祓います。
厄年には災難や凶事が身にふりかかって、良くないことが起きやすいといわれています。
不慮の事故・けが・病気・ストレス・八方塞がりなども起こりやすく万事に気をつけなければならないのが厄年です。 
厄年の心得としては、厄年だからとあまり気にせずに人生のうちの調子の良くない節目の年で戒めだと思い注意して厄年を過ごしてください。
厄年の年齢や、厄年の厄除け・厄払い・厄落としのやり方も地域により違う場合もあります。