厄除け

【厄除けとは】

厄除けとは、厄を祓うことで厄除け・厄払い・厄祓い・厄落としなど呼ばれています。
人が生活する中で、厄や罪・穢れなどのマイナス要因が知らず知らずにつみかさなるのを厄年などに厄除け・厄払いをして祓い清め厄年を無事に過ごせるように祈願することです。
厄除けの方法として神社やお寺で厄除け祈願したり、厄除けグッズを贈り物としていただいたり、厄年祝いの酒盛りや大振舞して散財したり、神事の奉仕をすると良いといわれます。
厄除けの時期も正月から節分までにされる方が多いのですが厄年の方の誕生日や厄年だと気づいた時期に厄除けをされても良いでしょう。
古来より厄除けの贈り物には、七色のもの、長いもの、結ぶもの、うろこ柄の模様、干支守護神、パワーストーンの水晶、七福神、包丁・はさみ等がありそれらは厄を除け魔を祓うお守りとされてきました。
厄除けは迷信だとされる方もいますが、統計的にも医学的にも厄年の時期には体調の変化も起きやすく、厄除けをすることで不思議なことに守られている清められているような気もします。
誰にでもできる祈りや厄除け祈願は、自分のためにも、誰かのためにも必要なものかもしれません。 心のこもった厄除けグッズををいつも身につけていればあなたを想っている人もホットひと安心するのかもしれません。

厄除け