水晶の意味・効果

パワーストーンの意味・効果の中の

水晶の意味・効果

透明で神秘の力を持つ水晶は、あらゆるものを浄化し潜在能力を引き出すといわれる、古代よりお守り・呪術に使われてきたパワーストーンです。
水晶の波動は一定で力強いパワーを刻みます。パワーストーンの中でも、霊的で全体的に及ぼす波動・エネルギーが強く パワーストーンの中でも特にすぐれたパワーストーンです。
水晶があれば他のパワーストーンは水晶を補うパワーストーンのようなもので、水晶でほとんどの事が出来ると思われます。ゆえに水晶はパワーストーンの王様なのです。

水晶が透明なのは、七色の光のプリズムパワーが欠けることなく集まったからで 「完全」「あらゆる力が宿る石」を意味します。
そのプリズムパワーを持つ水晶は、場・空間を浄化し、まわりの波動を整えるため
魔除けの石、災いを断ち運気上昇へ導く、あらゆる力が宿る石、といわれています。開運・幸運・受験・試験運・健康・長寿などすべての願いに水晶は使われます。

また、水晶は神社の鏡のようなものだと思います。神社の鏡は神様に願いが叶うようにするため(願掛け)の、発信機というか増幅器の役目があると思われます。
水晶も昔からそういう使い方をされていました。願いに対しての発信機、増幅器、また願い自体なのかもしれません。

パワーストーンは水晶系だけでも良いのかもしれませんね。