Posts Tagged ‘ 質問 ’

めのう(瑪瑙)は染色しているので、悪いとか・パワーがないとか言われますが、本当にそうなのでしょうか。
染色に関して言えば、めのう(瑪瑙)のほとんどは染色加工ではなく着色処理されています。
着色処理とは、めのう(瑪瑙)は潜晶質構造のために組織間に色素の成分を沈着させて着色させることです。
昔から日本で発達した技術だと思われます。今では残念な事に技術の輸出により海外で行われているようです。
お数珠ではめのう(瑪瑙)は無くてはならない存在ですし、昔から認められて七宝の一つでもあるように
パワーとしても認められております。
最近ではパワーストーンとして取り上げられ、一般の方の業者やいろいろな占い師が多くなる中「悪い石」の観念が違うと思います。
「悪い・パワーがない」のは天然産でなく加工された石だという風潮がありますが、はたしてそうなのでしょうか。

私も初めは、めのう(瑪瑙)以外のハウライトラピスやハウライトターコイズは染色加工をしているので、悪くてパワーがないと思っていました。
しかし、とても石にくわしいヒーラーやお寺の住職の方は、「安くて、同じようなパワーがあるのでこれで良いのです。」
「悪いのは、悪いパワーを持つ石です。」とおっしゃるのを聞き、またハウライトラピスやハウライトターコイズを使っているのを見て、考え方が少しずつ変わってきました。
最近、宝石鑑定士の方や宝飾彫金職人の先生に会う機会が多くそのことについて聞いて見ますと、みなさん同じようなコトを答えます。
「自然界で足らなかったものを宝石に熱処理・放射線処理などで足し、宝石の色がよりいっそうこんなに綺麗に美しくなるのですよ。その石も喜んでいるはずですよ。」
と石の専門家も石にくわしいヒーラーやお寺の住職の方など本当に石のコトを分かっている人ほど染色加工や放射線処理について認めています。
私も最近、染色加工や放射線処理がパワーが落ちる原因ではないと思います。パワーはやはり色から発せられるのですから。
パワーが無いとか弱いなどは染色加工等のせいではなく、むしろその石自体にパワーが無いのだと思います。
めのう(瑪瑙)の鮮やかな色は、昔から魔除けとしてお数珠として用いられているのですから。

パワーストーンとうたわれパワーがない普通の石はあたり前にゴロゴロあります。
この石はこういう意味がありますよ。この石の効果はこうですよ。といくら書いてもその石の種類の意味・効果でありその石のものではありません。
石とは人間と同じようにすべて違います。「悪い・パワーがない」「良い・すごいい石」というのもその石にかかるのです。
一個一個がすべて違う石であり違うものを持っているのです。意味ではなく直感で選びなさいと言うのもココからきているようです。

結局、パワーストーンの着色処理・染色加工・放射線処理をあまり悪い方に取らないで石そのものを見てはいかがでしょうか。

パワーストーンとしてつけるのでしたら左手と右手どちらでも良いですし、身近にあれば良いのです。お守りとして身に付けるのでしたら、左手につけた方が良いと思います。

水晶などのパワーストーンブレスレットは、魔除けのお守りとして身に付ける方が多くいます。

お守りとなるべき良い石を身に付ける場合
右手は清浄、左手は不浄をあらわし、不浄なる左手の自分自身にお守りとなる石をつける事で、自らを清めると言う意味合いもあります。

また、気のめぐりとして気は左手のひらの中央にある労宮(ろうきゅう)から入ってきて、右手のひらの労宮から出て行くといわれるため、
外部から気が入る左手にお守りとなる石をつけて、悪い気を除けるのです。

お守りとなる良い石を左手につけるのがよいと思います。

パワーストーンとしては
左手につけると受動的、右手につけると能動的な効果があるいわれていますが、どちらにつけても良いのです。
また、手につけなくても身近にあれば良いのです。お守りとして考えれば、ポケット・鞄の中に入れて持ち運んだり、袋に入れてベビーカーや車につけても良いのです。

それよりも石に対しての思いだと思います。
あなたの思いが石にも分かると思います。あなたがどれだけ石の事を思っているのか石をどれだけ好きなのか、人に対してと同じ感覚だと思います。
その心があなたに帰ってくるのです。たかが石のパワーストーンですが毎日みていると愛着が湧き離さずにいられません。
たかが石されぞ石、石にあなたの話をしてみてください。石はあなたに何を話してくれるのでしょうか。

小さい子供・赤ちゃんにどんなパワーストーンを持たせたら良いのか

という質問よくが来ますが
どんなパワーストーンよりも

口に入れて飲み込んでしまわない事を一番に考えた方が良いと思います。
お母さんが気をつけて、口に入れて飲み込まないようにして下さい。
それには、水晶を袋に入れて袋の口を閉じてベビーカーやバッグに

お守りのようにつけるのが良いと思います。
どんなパワーストーンが良いのかといえば、やはり水晶だと思います。
弱い場所や、小さいお子様には、魔がきやすいと言われ 

魔を除けるには水晶が一番です。

大切なお子さんを守ってあげたいものですね。

よく海できれいな石を見つけたので家に持ち帰ったという方が多くいらっしゃいますが、
オススメできません。なぜなら、浄化できない石などを海や川に流す人が多いのです。
天然石だからすべて良い石だという考え方は違うと思います。
災いのある石を誰かが海に流して、その石をきれいだとあなたが拾う場合がありえるのです。
倒産したパワーストーンショップの石を買ってくれないかという話もきます。持っている石を安く買ってくれないかという話もきます。が、当店では個人が扱った石すべて扱いません。
厳選に厳選した業者の石をお祓い浄化して純粋無垢な石のみをお届けしております。
パワーストーン・天然石の処分の仕方として
まず、金具などを取り石だけにします。(金具は粗塩を振って不燃物に出してください)
次に粗塩・お神酒を石に振りかけ(粗塩のみでも良いです)浄化し
石に声に出して 住所・名前・年齢・今まで力を貸して頂きありがとうございます。の感謝の意をあらわします。
また、悪い・・・もいっしょに持っていって下さい。災いがありませんように。と付け加えてもよいでしょう。
それから 川、海、土の中など自然に帰してあげて下さい。(できれば吉方位でして下さい)
他の人がその石に出合わないようにするために大きな川に流すのをおすすめします。
神社やお寺に納めていただくやり方もありますが、そこの神社やお寺に一度お問い合わせ下さい。

パワーストーン・天然石の処分する理由は
◆その石が割れたから
◆その石に対して嫌な気がするから
◆その石がいらなくなった
◆その石で願いが叶ったから
などの理由が多いのですが、あなたにパワーを貸してくれた石ですので
パワーストーン・天然石の処分の仕方を参考にし、感謝の意を持って自然に帰してあげて下さいね。

パワーストーンブレスレットは毎日つける人が多く、劣化も普通のアクセサリーと違って激しいと思われます。
その人の使い方にもよりますが、すぐ切れる人と毎日使っても1年ぐらい切れない人といろんな使い方の人がいます。
また、長く使っている人や激しく腕を使う人のブレスレットは、石と石の間がこすれて傷つきゴムやワイヤーが切れやすくなっているものが多いのです。
ゴムやワイヤーの劣化以外にパワーストーンブレスレットが切れる理由としては、あなたに気をつけなさいと忠告してくれていると思われます。
魔を除いてくれた、何かから守ってくれた、と考えて下さい。

魔除けの石としてお祓いしたブレスレットなどは、魔がさわるとはじけます。
もしも音をたててパワーストーンブレスレットが切れたのであれば、
その場所から切れた石など拾わずに早く立ち去って下さい。そしてその石は使わない方が良いと思います。

願掛けして切れた場合などは、願いが叶い役目が終わった場合もパワー ストーンブレスレットが切れることがあります。
その時もお礼を言ってパワーストーンの役目を終わらせるためにもパワーストーン・天然石の処分の仕方を参考にしてください。

いろいろとパワーストーンブレスレットが切れる理由はありますが、何の為にそのパワーストーンブレスレットをあなたがつけているのかを自分自身お確かめ下さい。
切れた理由もその中にあるかもしれませんね。

パワーストーン・天然石の処分の仕方