パワーストーンとしての水晶の意味

水晶は「あらゆる力が宿る石」「全てを浄化し潜在能力を引き出す石」「幸運を招く石

などいわれパワーストーンの中で代表的な石です。

水があらゆるものを洗い流すように水晶は土地や家、人の因縁を浄化して

不幸の原因を解消し、健康、財産、幸福を得やすくしてくれるといわれています。

水晶は太古の昔から 人間の霊性を高めるものと考えられてきました。

Crystalの語源は、「透明な」「氷のような」からきたもので

古代エジプトでは、宗教用 呪術用の道具として

中世ヨーロッパでは、薬として

インドでは、お守りと毒消しに

シャーマニズムでは、超常的な力として

古来中国では、水晶は水の精が凝集したものと考えられ、

水の支配者である龍神・蛇神と深い結びつきをもって語られています。

その中でも水晶珠は龍神が握るとされ、それを持てば意のままに願いが叶い、

強いパワーで幸運を招来するとして尊ばれてきました。

日本でも水晶は神道にも仏教にもなくてはならない石で、神社の御神体として、

呪術的な道具として、護符の数珠として、お守りとして、

浄化のため建物の礎として用いられてきました。

このように水晶は、世界各地で “パワーストーンの中のパワーストーン”として

昔から使われてきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。