梵字とは

梵字とは

梵字はインドのブラーフミ文字が発達した悉曇文字です。

日本には小野妹子から唐招提寺の開祖鑑真らをへて伝来され

真言宗の空海と天台宗の最澄の時代に広まった

仏様や神様の主尊を象徴する文字です。

梵字は、それ自体に不思議な力があり霊的な神聖文字であると信じられています。

梵字自体が神様の主尊をあらわし、

干支の十二支により守護神の守り本尊(守護本尊)八神とと梵字がきまっています。

また、一つの種子・梵字に複数の神様(主尊)をあらわす場合もあり、

金剛界、胎蔵界で違う種子・梵字を使う場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。