ジュエリーやパワーストーンの放射線処理について

放射線処理とはガンマ(r)線などを照射して宝石の色を改善することです。

宝石・ジュエリーの放射線処理についていえば
真珠にガンマ(r)線を照射してブラックやブルーの色にする。
ホワイトトパーズを黄色にする。
ブルートパーズを鮮やかな濃い色にする。
サファイヤ・トルマリン・ダイアモンド・・・・などなどがあります。

パワーストーンでの半貴石では白水晶にガンマ(r)線を照射して茶水晶にする。茶水晶を熱処理して脱色して黄水晶・緑水晶にする。

これはジュエリーやパワーストーンが自然界で足らなかった熱や放射線を与えることで、その天然石が持つ色以上のパワーを持つことなのです。
最近パワーストーンが流行して天然石に人工のパワーを与えてはいけないという風潮がありますが、色によるパワーを足しているのにパワーがなくなることはありません。
本当のパワーストーンはその石が持つパワーなのですから。

パワーの点から見ても、放射線処理がパワーに悪いとは思えません。色を改善することはパワーを改善することにつながるのではないでしょうか。
色がよりいっそうに綺麗になるのは、パワーもよりいっそうに強くなるのではないでしょうか。

十数年、お祓いして浄化しながら悪い石を取り除いている間、茶水晶は落ちたことはありません。
落ちた石を考えると、天然石の安いからと入荷した水晶や天然石だから内包物が多いのですといった濁った石です。
取れた場所がすごく関係するようです。また、業者がとても関係してきます。
今は悪い石のことをいう人はいませんが、いずれとてもパワーストーンで重要になると思います。

“ジュエリーやパワーストーンの放射線処理について” への 2 件のフィードバック

  1. 沖浦由美子 より:

    オークションで淡水パールを落札したんですが、
    黒真珠で、葬儀で使用しようと思っていました。
    ピーコックあり、グレーあり、くろありでどう見ても、
    普段使えにしかみえません。入札のときは別の写真を使用されたしか
    思えません。ある程度黒色に近い(全部が)様にならないものでしょうか?教えて下さいませ

  2. いっしー より:

    沖浦由美子さんへ

    水晶・パワーストーンの幸せを呼ぶ石PAXのいっしーです。
    淡水パールの色はほとんど加工されています。
    残念ですが、加工処理等よりも買い換えた方が
    安く済みますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。