四神獣について

四神獣について

四神獣とは中国の占星学により天の四方の方角を守る神獣であり、東西南北と季節と色と陰陽五行が結びつけられた、
東方の青竜(せいりゅう)・西方の白虎(びゃっこ)・南方の朱雀(すざく)・北方の玄武(げんぶ)のことです。

【青龍】東の守護神:季節は春:色は青:陰陽五行では木
二十八宿の「角・亢・氏 ・房・心・尾・箕」
青々とした山のような緑色をした竜で長い舌を持つといわれる。

【白虎】西の守護神:季節は秋:色は白:陰陽五行では金
二十八宿の「奎・婁・胃・昴・畢・觜・参」
細く長い体の白い虎の形を持つといわれる。

【朱雀】南の守護神:季節は夏:色は赤・朱:陰陽五行では火
二十八宿の「東井・鬼・柳・星・張・翼・軫」
火の鳥といわれ翼を広げた神鳥といわれる。

【玄武】北の守護神:季節は冬:色は黒:陰陽五行では水
二十八宿の「南斗・牽牛・須女・虚・危・営室・東壁」
脚の長い亀と蛇とが合わさった体を持つといわれる。

四神獣ブレスレット なら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。