パワーストーンの着色処理・染色加工・放射線処理について

めのう(瑪瑙)は染色しているので、悪いとか・パワーがないとか言われますが、本当にそうなのでしょうか。
染色に関して言えば、めのう(瑪瑙)のほとんどは染色加工ではなく着色処理されています。
着色処理とは、めのう(瑪瑙)は潜晶質構造のために組織間に色素の成分を沈着させて着色させることです。
昔から日本で発達した技術だと思われます。今では残念な事に技術の輸出により海外で行われているようです。
お数珠ではめのう(瑪瑙)は無くてはならない存在ですし、昔から認められて七宝の一つでもあるように
パワーとしても認められております。
最近ではパワーストーンとして取り上げられ、一般の方の業者やいろいろな占い師が多くなる中「悪い石」の観念が違うと思います。
「悪い・パワーがない」のは天然産でなく加工された石だという風潮がありますが、はたしてそうなのでしょうか。

私も初めは、めのう(瑪瑙)以外のハウライトラピスやハウライトターコイズは染色加工をしているので、悪くてパワーがないと思っていました。
しかし、とても石にくわしいヒーラーやお寺の住職の方は、「安くて、同じようなパワーがあるのでこれで良いのです。」
「悪いのは、悪いパワーを持つ石です。」とおっしゃるのを聞き、またハウライトラピスやハウライトターコイズを使っているのを見て、考え方が少しずつ変わってきました。
最近、宝石鑑定士の方や宝飾彫金職人の先生に会う機会が多くそのことについて聞いて見ますと、みなさん同じようなコトを答えます。
「自然界で足らなかったものを宝石に熱処理・放射線処理などで足し、宝石の色がよりいっそうこんなに綺麗に美しくなるのですよ。その石も喜んでいるはずですよ。」
と石の専門家も石にくわしいヒーラーやお寺の住職の方など本当に石のコトを分かっている人ほど染色加工や放射線処理について認めています。
私も最近、染色加工や放射線処理がパワーが落ちる原因ではないと思います。パワーはやはり色から発せられるのですから。
パワーが無いとか弱いなどは染色加工等のせいではなく、むしろその石自体にパワーが無いのだと思います。
めのう(瑪瑙)の鮮やかな色は、昔から魔除けとしてお数珠として用いられているのですから。

パワーストーンとうたわれパワーがない普通の石はあたり前にゴロゴロあります。
この石はこういう意味がありますよ。この石の効果はこうですよ。といくら書いてもその石の種類の意味・効果でありその石のものではありません。
石とは人間と同じようにすべて違います。「悪い・パワーがない」「良い・すごいい石」というのもその石にかかるのです。
一個一個がすべて違う石であり違うものを持っているのです。意味ではなく直感で選びなさいと言うのもココからきているようです。

結局、パワーストーンの着色処理・染色加工・放射線処理をあまり悪い方に取らないで石そのものを見てはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。