職人技の本翡翠(硬玉)の五重塔

本翡翠 五重塔

翡翠は、硬玉と軟玉などに分かれますが宝石とみなされる硬玉の翡翠を採用し丹精込めて作られた五重塔です。翡翠は、不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられ、厄を払い、幸せを呼ぶといわれています。翡翠は、その美しさで「東洋の美」と呼ばれ、日本でも神の力を宿した霊石と尊ばれお守りとされてきました。

この本翡翠五重塔は、日本を代表する工芸作家の良泉氏による作品です。
硬玉の硬さゆえ非常に加工が難しく、半年以上をかけて完成しました。
これほどまでの作品は人生を掛けた大作であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。