守護梵字とは

キリーク梵字

【守護梵字とは】

梵字は、インドのブラーフミ文字と呼ばれる文字が発達して悉曇文字となりました。
日本には遣隋使の小野妹子の時代から伝わり、唐招提寺の開祖鑑真らを経て、真言宗の空海(弘法大師)と天台宗の最澄の時代に広まった、梵字の主尊を象徴する文字です。
守護梵字は、それ自体に不思議な力が宿るとされ、霊的な神聖文字・吉祥文字であり、人が生きていく上で護府お守りとなる文字です。
守護梵字自体が神様の主尊をあらわし、干支により守護神の守り本尊八神と梵字が決まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。